冬のスイス・アルプスに出かけてみませんか?☆☆☆


冬のマッターホルンと星空

冬のスイスは寒い?はい、寒いです。チューリッヒの2月の平均気温は最高気温4℃最低気温-2℃、グリンデルワルドは最高-1℃最低-6℃、ツェルマットは最高2℃最低-8℃、東京は最高気温10℃最低気温2℃と、5℃以上差はありますが、屋内に1歩足を踏み入れると建物が頑丈で暖房機器が優れているスイスはぽかぽかと暖かいのです。
 
この時期、スイスアルプスは真っ白な雪がきらめく白銀の世界。雲に覆われた日でも、登山列車で山頂へ登れば、必ずではありませんが、ほぼ雲の上に行きますので、太陽が降り注ぐ雪原が広がります。アイガー・メンヒ・ユングフラウがそびえるベルナーアルプス地域でも、マッターホルンのツェルマット地域でも、ルツェルンの中央スイスや、サン・モリッツのエンガディン地方でも、登山列車やロープウェイで登ってみて下さい。どの展望台にも暖かくて美味しい食事をご提供するレストランがあります。下界は曇りでも、山頂は明るいことが多いです!冬のスイスの日の出は遅いので、朝は早起きしなくても朝焼けを望めます。また、夜は澄み切った空気に星が瞬き幻想的ですらあります。

スイスのスキー場は、平均的な日本のスキー場よりも広くてゆったり、初心者から上級者まで滑れるゲレンデです。グリンデルワルトには日本語観光案内所があり、日本人スタッフが応対してくれますので、安心ですね。グリンデルワルト日本語観光案内所 冬のシーズンHPはこちら 日本語ガイドのスキーツアー(1日、半日)や、日本語ガイドと圧雪された歩きやすい雪道を歩くウインターハイキングなどございます。真っ白なベルナーアルプスを眺めながらのスキーやハイキング、爽快で最高の気分になること間違いありません。日焼け止めとサングラスは必須ですよ。

スキーをされなくても、冬のアルプスは充分に楽しめると思います。夜はホテルやシャレーの暖炉の側で温まって、ロマンチックな夜をお過ごしください。インターラーケンやグリンデルワルドに滞在すれば、ご旅行中の一日は、ベルンやバーゼル、ルツェルンなどの都市への日帰り電車の旅もいいですね。インターラーケンからベルンへは1時間、バーゼル、ルツェルンへは2時間で着きます。旧市街の散策や美術館巡り、ショッピングなどをお楽しみください。

マッターホルンを背後にチーズフォンデュで温まります

ツェルマット 冬の夜


8時間かけてアルプスを東西の縦断する氷河特急で、ゆっくり雪原のアルプスを楽しむのもいいですね。この場合は、ツェルマットとサン・モリッツでのご滞在となります。ツェルマットとサン・モリッツでの冬の楽しみ方は次回ご紹介いたしますね。

航空券もお得なこの季節、美しい冬のスイスへでかけてみませんか?
スイス・エクスプレスでは、お客様のご希望をお伺いして、オリジナルのご旅行をご提案いたします。ご興味ありましたら、是非ご連絡ください!







ヨーロッパ周遊旅行の専門店 ユーロエクスプレス
ユーロエクスプレス

  • 冬のスイス
  • 冬のアルプス
  • スイスのスキー
  • グリンデルワルト
  • インターラーケン
  • ツェルマット